アルテックグループの取り組み

労働力不足と作業環境の改善

工場や倉庫内の自動化を促進して作業環境の改善と省エネ、省人化、省スペースに貢献しています。

近年、物流・製造現場では、少子高齢化による労働力不足・激務化が深刻化しており、問題解決に向け、人の作業負担を減らし作業効率を最大限に上げる搬送ロボットの導入や自動化が必要不可欠な世の中に移り変わろうとしています。アルテックが取り扱っている自律走行(フォーク含む)型搬送ロボット、自動収納庫システム、オンデマンド自動製品梱包装置、自動開梱システム等の融合で、入荷~出荷の間に多々ある作業工程を人とロボットの共存いわゆる半自動化を実現させ、労働生産性の向上と省エネ・省人化・省スペース化に貢献してまいります。

アルテックが目指す物流の未来のかたち

物流倉庫の搬送フロー(例)

人に代わってロボットがモノを届ける

アルテックでは、無人の自律走行型搬送ロボットの導入にいち早く着目し、用途に合わせた各種搬送ロボットを取り扱っております。自律走行型搬送ロボットは、決められた磁気テープなどのガイドライン上を走るAGVとは異なり、自ら最適なルートを設定してLiDAR(レーザー光による検知と測距機能)により障害物や人を避けながら無人で荷物を搬送します。人の稼働範囲を共存し人に代わってモノを運び、広い庫内で作業をする従業員への負担減など物流現場におけるロボットの導入を推進します。

 

自動収納庫システムの導入により省人・省スペース化

大量の商品や部品を取り扱う企業の従来の倉庫では初期段階で保管用の棚を設置してしまうため、商品や部品の保管が煩雑で出し入れに人手と時間がかかっていました。また、急激に在庫が増えた場合それ以上のスペースを確保することもできません。アルテックの取り扱う自動収納庫システムでは商品や部品はシステムで完全に管理され、パネルを操作するだけで必要な商品や部品の出し入れが可能になります。立体駐車場のように垂直や水平に移動して商品や部品を収納するため既存の倉庫スペースを最大限に有効活用することができます。また、モジュール化された自動収納庫システムは、簡単に増設することができます。自動収納庫システムの導入により省人化、省スペース化を実現します。

 

自動包装システムの導入により省エネ・省人化

ECの市場規模は年々拡大し通信販売の商品の需要が高まる一方で、物流業界では大量の様々な商品を梱包発送する過程において人手不足や激務化などの多くの課題が発生しています。アルテックの取り扱う自動包装システムは、製品の形状や寸法を測定して連続式段ボールシートをカットし最適な大きさの段ボール箱を自動で生成します。生成した段ボールに商品を梱包し、封函、送り状印刷貼り付けまでの全工程を連続で行います。段ボール資材の消費を削減し商品と段ボールの隙間を埋める緩衝材も必要ありません。また、複数種類の大きさの段ボール箱を用意する収納スペースも不要です。無駄のない商品パッケージによりフォークリフトやトラックの積載スペースも拡大するので走行回数の削減にもつながります。自動包装システムの導入により省人化、省エネに貢献します。

 

2021年度ロジスティクス大賞「SDGs社会貢献賞」受賞

佐川グローバルロジスティクス株式会社様、王子ホールディングス株式会社様、王子コンテナー株式会社様と共同で実施した、「自動包装システム(Carton Wrap)を使用した輸送箱の最適化包装」が、日本ロジスティクスシステム協会主催の2021年度ロジスティクス大賞にて「SDGs社会貢献賞」および日本包装技術協会主催の第45回木下賞にて「改善合理化部門」を受賞したことをお知らせします。同取組みにつきましては、昨年の日本パッケージングコンテスト「経済産業大臣賞」も受賞しております。自動包装システム(CartonWrap)は、アルテックおよび王子HDが提供している物流センター向け次世代包装ソリューションで、専用資材である連続段ボール「らくだん」を使用することで、余分な包装資材(緩衝材など)を削減することや段ボール箱の在庫品種の削減、梱包作業の省人化、梱包サイズの最適化による物流費削減などの導入効果がもたらされます。

 


関連サイト

TOP